索道・モノレール、仮設機材のレンタル/産業機械・建設の販売・修理/くさび緊結式足場の架払レンタル

本社 富山県富山市上飯野32番地
e-mail info@marusankk.co.jp

モノレール施工ロビンエンジン部品販売建設機械リース一側足場施工

会社概要

業務内容

リンク

お問い合わせ ホーム
 

 

   

 

C-tube(特許出願中)”とは、ヒートパイプ原理を応用した新しい熱移送素材。二重管構造の“C-tube(特許出願中)”内部は真空状態、その中に安全で少量の特殊な触媒を封入し、蒸散ウィック(特許出願中)を介し、触媒の低温域沸騰にともなうジェットの働きにより効率良く循環温湯の持つ熱を取り出し、音速を超す速さでパイプ外周に運びます。放熱はパイプ全面から均等に行われ、降りはじめの雪や積もってしまった雪のいずれに対しても確実に融かす能力があります。“C-tube(特許出願中)”は現存するどの熱源器よりも効率良く熱放射を行うことができる為、他のシステムと比較し格段に燃料の消費量を抑制することが可能です。

   

(融雪状況)                     (積雪状況) 

●屋根右部  融雪システム「ゆうや君」設置

●屋根左部  融雪システム未設置

  ●場所 新潟県糸魚川市平岩地内
  ●建物 田中屋旅館(4間×5間 切妻)
    屋根面積=65u かわら葺き 3寸勾配
  ●実験期間 H12.12/26〜H13.2/13 
  ●通算降雪量 =514cm
    H12.12/26〜12/27  92cm
    H13.1/3〜1/5     75cm
      1/12〜1/18   270cm 
      2/12〜2/13    77cm 
 

●融雪システム稼動時間

377時間(19日間)
  ●燃料消費量 灯油 803g(2.13g/h)
     @50円×803g=40,150円
    電気料 5,428円(時間当たり 14.4円)
   

合計=45,578円

  ●使用ボイラー 31,000kcal/h  60%稼動
  C-tube φ48.6×4.2m×24本=100.8m
    (アルミ製・シルバー・重量=3.2s/1本)
     
  ●平成13年4月より、C-tubeを着色(黒・ブロンズ)、内部構造の改良により、上記データより約15%エネルギー節減できる。
   

この製品についてのご質問はこちらよりお願いします。

    ■総販売元  丸三開発工機株式会社
    ■製造元   株式会社 箕 浦
   

Copyright (C) 2001 Marusan kaihatsu koki Co., Ltd.  All Rights Reserved.