建設CALS/ECでの電子化される工事情報には、多様な種類の言語、データ形式があります。実際にその情報を受け取り、加工・発信するのは現場の技術者です。

技術者は工事を担当しながら、パソコンの操作や多くのソフトを習得しなければなりません。今後、画像やCAD等の各種アプリケーションの習得は必須条件です。

LANを構築することにより、ファイルや外部機器の共有を行うと共に、工事書類の作成を共同で行ったり、写真データやCAD測量データの共有、データの加工ができ、より高度な作業が出来ます。また、電子メールにファイルを添付することにより、情報交換や共同作業が行えるため、時間を有効利用することが出来ます。  

 

LAN構築  例)